◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   メールマガジン Nutrition News vol.130
                    平成27年9月15日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
 メールマガジンNutrition News 平成27年9月号を
 公益財団法人ダノン健康栄養財団(DIJF)からお届けいたします。

 ※このメールは配信を希望・承諾された方にお送りしています。
 ※MSゴシックなどの等幅フォントで最適にご覧いただけます。

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
☆ INDEX ☆

 1. DIJFからのお知らせ
(1) 「第17回ダノン健康栄養フォーラム」の会場で聴講希望の方の申込受付は終了いたしました。動画配信で聴講希望の方の申込登録は受付中です!
(2) 食育情報サイト「ごはんだもん!げんきだもん!」What’s New!

  2. 平成25年度ダノン学術研究助成金受贈者による研究報告

  3. トピックス
「食育の現状と課題を考える-食育に関する意識調査報告書より-」 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1. DIJFからのお知らせ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     

(1) 「第17回ダノン健康栄養フォーラム」の会場で聴講希望の方の申込受付は終了いたしました。動画配信で聴講希望の方の申込登録は受付中です!
 
  ※動画配信希望の方は、事前登録が必要です。
 
ライブ配信視聴の事前登録は、9/24(木)10:00まで受付しております。
*申込方法:当公式HPの「ダノン健康栄養フォーラム」ページ下部にある「HPから申込む」をクリックし、入力フォームに必要事項をご入力下さい。
※フォーラムライブ配信の「事前登録を希望する」にチェックをお忘れなく。
事前登録された方には、9/18(金)から順次視聴に必要な情報(視聴用アドレスおよびパスワード等)をご登録のメールアドレス宛てに送信予定です。
 
尚、会場で配布予定の日本栄養士会 生涯教育単位 【基本研修2-6 (保健機能食品の分類)2単位】 の証明書は、会場のみで発行します。配信動画ご視聴者は対象外とさせて頂きますので、予めご了承ください。
 
▽申込の詳細は↓
http://www.danone-institute.or.jp/forum.html
 
 
(2) 食育情報サイト「ごはんだもん!げんきだもん!」What’s new!
 
☆「時短朝食レシピ」… 今月は「お弁当にも使えるおかずレシピ」です。ブロッコリーやきのこ、鮭など利用頻度の高い食材を使った簡単な朝食レシピはお弁当のおかずにも使えます。
 
☆「食育スペシャルインタビュー」…各世代の日本代表を経験されてきた実力派、京都サンガ所属のMF山瀬功治選手へのインタビュー後編。高校時代は『食べることがトレーニング』として苦労されたお話や、現役選手として長く活躍するためには食事がどれほど重要であるか説得力のあるお話をうかがいました。
 
☆「スポーツ栄養講座」…今月は『「秋バテ」って?』と『好き嫌い』、また秋の夜長についつい多くなりがちな「夜食についての疑問」について、的確なアドバイスをしています。

☆「食育出前授業Q&A」… 今月は「学校給食の牛乳の他に乳製品は取った方がよい?」と「主食(ごはんやパンのみ)の朝食でも大丈夫?」についてです。食育授業で多く寄せられた質問を毎月ご紹介しながら管理栄養士がわかりやすくアドバイスをしています。
 
今回も盛りだくさんの情報をお楽しみ下さい! 
  
▽食育情報サイト「ごはんだもん!げんきだもん!」は↓
http://www.genki-danone.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   
   2. 平成25年度ダノン学術研究助成金受贈者による研究報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成25年度ダノン学術研究助成金は多数の応募の中から6名の研究者に授与されました。その中から今回は、京都大学大学院農学研究科 食品生物科学専攻 食環境学分野 谷 史人 先生の研究報告の内容をご紹介します。 

「腸内細菌由来ストレスタンパク質の免疫制御機能の解明と乳製品による食品科学的応用」
 
京都大学大学院農学研究科 食品生物科学専攻 食環境学分野 
谷 史人 先生

  腸管はヒトがもつ最大の免疫器官とも言われており、パイエル板(PP)、粘膜固有層(LP)や腸間膜リンパ節(MLN)などの腸管関連リンパ組織(GALT)に多くの免疫細胞が存在します。消化管には、安全で無害な栄養物を取り入れるほかに疾病につながる病原菌なども侵入してくるので、取り込まれた物質について安全か危険かを的確かつ迅速に識別しなければなりません。腸管の恒常性維持は、食物成分や腸内細菌などのさまざまな管腔内物質と腸管上皮細胞や免疫細胞との相互作用で調節されており、腸管上皮細胞と免疫細胞間での連携も非常に重要です。近年、腸管粘膜免疫系において上皮細胞との関わりが特に注目されているのが、抗原提示細胞の一種である樹状細胞です。
  一方、免疫系に作用する腸管内因子の重要なものにプロバイオティクスが知られています。Bifidobacterium、Lactobacillus sp. などのプロバイオティクスは小腸での炎症を防ぐ作用を期待されています。マウス結腸由来上皮細胞株にある種のプロバイオティクスを与えると、上皮細胞中のストレスタンパク質 (Stress protein あるいは、熱ショックタンパク質 Heat shock protein (Hsp))の発現が亢進されるという報告があります。ストレスタンパク質Hspは、生物進化の過程で獲得した生体防御に欠かせないハウスキーピングなタンパク質です。近年、Hspには、免疫応答の引き金となる抗原としての機能だけでなく、炎症による組織の損傷を防止することも見出されてきており、炎症性疾患のコントロールにおける重要性が指摘されています。生体防御に必須の物質であるが故に、生物間の情報交換の物質として広く利用してきた可能性も考えられることを想定し、本研究では、腸内細菌のHspに着眼して、それが消化管内の恒常性維持に果たす役割について腸管上皮細胞と粘膜組織の免疫細胞に及ぼす影響を考察しました。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3. トピックス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「食育の現状と課題を考える-食育に関する意識調査報告書より-」
 
  平成27年5月、内閣府食育推進室が、食育に関する意識調査報告書を公表しました。食育に関する意識調査は、食育に対する国民の意識を把握し、今後の食育推進施策の参考とするために実施されているものです。全国の20歳以上の3,000人を対象に、「食育への関心」「食生活・生活習慣」「食品の選択等」「家族等との食事」について調べられています(有効回収数:1,824人)。
  今回は、このうち「食生活・生活習慣」についての調査結果を中心に取りあげるとともに、食育の現状と課題について考えてみたいと思います。
 
 

※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※~~※

 ●メールマガジンの記事内容へのお問い合わせ、ご質問、ご意見は
 ┗ support@danone-institute.or.jp

 ●メールマガジン配信の変更・停止は
 ┗ http://www.danone-institute.or.jp/mailmagazine.html

 ●詳細ページが更新されていない場合は、Internet Explorer
  の更新アイコンをクリックしてください。

 【発行】公益財団法人ダノン健康栄養財団
  < http://www.danone-institute.or.jp/ >

※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※~~※

  • ごはんだもん!げんきだもん!
  • ダノングループ・コーポレートサイト

ページトップへ戻る