◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   メールマガジン Nutrition News vol.166
                    平成30年5月15日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
 メールマガジンNutrition News 平成30年5月号を
 公益財団法人ダノン健康栄養財団(DIJF)からお届けいたします。

 ※このメールは配信を希望・承諾された方にお送りしています。
 ※MSゴシックなどの等幅フォントで最適にご覧いただけます。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
☆ INDEX ☆

1. DIJFからのお知らせ
(1) 「平成30年度ダノン学術研究助成金」応募受付を開始!
(2) 「第20回ダノン健康栄養フォーラム」申込について
(3) 食育情報サイト「ごはんだもん!げんきだもん!」What’s new!
2. 平成28年度ダノン学術研究助成金受贈者による研究報告
3. トピックス
 「この違い、説明できますか?-プロバイオティクス・プレバイオティクス・シンバイオティクス」

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1. DIJFからのお知らせ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

(1) 「平成31年度ダノン学術研究助成金」の応募受付を開始しました!
 
  現在「平成31年度ダノン学術研究助成金」の応募を受付中です。今年から「特に重点を置く研究テーマ」として「食育の効果測定」を追加しました。応募方法は、当財団ホームページから応募要項・申請書をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき、E-mailまたは郵送にて当財団事務局宛にご提出ください。

 応募期間:平成30515日(火)~731日(火)

多くの方のご応募お待ちしております!
  
▽詳細は↓
http://www.danone-institute.or.jp/research/new-research/4289.html


(2) 「第20回ダノン健康栄養フォーラム」のお申込について
 
 本年98日(土)によみうりホール(東京都千代田区有楽町1111 読売会館7階)にて「第20回ダノン健康栄養フォーラム」を開催予定です。(講演無料、生涯教育 実務研修 全分野共通90-110 講義2単位を配布)テーマは『健康と運動能力アップにつなげるスポーツ栄養』です。
 
参加のお申込は61日(金)よりホームページ、又はFAX・ハガキにて承ります。受付は先着順で、定員になり次第締め切りとなります。
 
▽「第20回ダノン健康栄養フォーラム」申込方法の詳細は↓
https://www.danone-institute.or.jp/forum/2344.html


(4) 食育情報サイト「ごはんだもん!げんきだもん!」What’s new!
今月のテーマは『水分』です!

☆「スポーツ栄養講座」…これから夏にかけて熱中症に要注意!『運動時の上手なウォーターローディング』について確認しておきましょう!

☆「食育出前授業Q&A」…食育講座の際に良く出る質問から、今月は『一番からだに良い食べ物とは?』『より良い筋肉が作れる食事とは?』『寝だめはできる?』に管理栄養士“ゆきえ先生”が一問一答形式でわかりやすくお答えしています。

▽食育情報サイト「ごはんだもん!げんきだもん!」は↓
http://gohagen.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   2. 平成28年度ダノン学術研究助成金受贈者による研究報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「平成28年度ダノン学術研究助成金」は多数の応募の中から6名の研究者に授与されました。その中から今回は、乳幼児期に低栄養経験のある愛着障害患児の脳のMRI検査と現在の栄養状態を評価した研究をご紹介します。

「乳幼児期のマルトリートメント、とくに低栄養経験が子どもの脳発達に及ぼす影響に関する研究」
 
福井大学 子どものこころの発達研究センター 発達支援研究部門 友田 明美

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3. トピックス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「この違い、説明できますか?-プロバイオティクス・プレバイオティクス・シンバイオティクス」

 近年、健康づくりにおける腸内環境の重要性に注目が集まっています。テレビ番組や雑誌などでも数多く取り上げられ、腸内細菌叢を表す「腸内フローラ」という言葉も周知されるようになりました。また、腸内環境を改善する機能性を持った食品の人気も高く、栄養指導などの現場で、対象者の関心事として腸内環境について質問を受けることも少なくないのではないでしょうか。

 そこで今回は、腸内環境改善のキーワードとも言える3つの用語「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」「シンバイオティクス」について解説します。
 
▽続きは↓
 https://www.danone-institute.or.jp/mailmagazines/backyear/4487.html


※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※~~※

 ●メールマガジンの記事内容へのお問い合わせ、ご質問、ご意見は
 ┗ support@danone-institute.or.jp

 ●メールマガジン配信の変更・停止は
 ┗ http://www.danone-institute.or.jp/mailmagazine.html

 ●詳細ページが更新されていない場合は、Internet Explorer
  の更新アイコンをクリックしてください。

 【発行】公益財団法人ダノン健康栄養財団
  < http://www.danone-institute.or.jp/ >

※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※~~※

  • ごはんだもん!げんきだもん!
  • ダノングループ・コーポレートサイト

ページトップへ戻る