メールマガジン「Nutrition News」 Vol.208
第22回ダノン健康栄養フォーラム アンケート結果より
世界の栄養課題と新しい食事スタイルの提案 


 令和2年9月26日(土)に、第22回ダノン健康栄養フォーラムが開催されました。新型コロナウイルス感染症の影響により、初めてオンラインのみで行われた本フォーラムでは、「世界の栄養課題と新しい食事スタイルの提案」をテーマに、“Withコロナ”“SDGs”等を踏まえたこれからの食事のあり方や、たんぱく質・炭水化物・脂質の“三大栄養素”の観点から見た栄養問題について、それぞれ第一線でご活躍の先生方にご講演いただきました。

 視聴者数は当日のライブ配信と翌日の見逃し配信を合わせて1,200名を超え、1,012名からアンケートの回答をいただきました。の合計

ダノン健康栄養フォーラム初の全面オンライン開催

 

 ダノン健康栄養フォーラムでは、平成27年開催の第17回より、会場での開催とあわせて事前登録制によるライブ動画の配信を行ってきましたが、参加者はライブ配信利用者も含め、首都圏在住の方が大部分を占めていました。しかし、初めて配信のみで開催した今回のフォーラムでは、首都圏を中心に日本全国からご参加いただきました。

 来年以降のライブ配信の利用について尋ねたところ、利用したいとの回答が約95%を占めていました。主な理由として、「遠方にいても参加しやすいため」「子どもが小さく、どこでも参加できる動画配信はありがたい」「会場だとスライドが見えにくいことがあるが、配信ではそのような問題点が解消される」などが挙げられていました。一方、利用したくないとする回答(約1%)には「会場に行った方が集中できる」「先生方のご講演を直接拝聴したい」「長時間の動画配信は、理解しにくさを感じた」などの理由が挙げられていました。

 フォーラムの内容については、約96%が「良かった」1と回答していました。理由としては、栄養学の基本とも言える“三大栄養素”に着目したテーマであったこと、講義内容の充実度(エビデンスに基づいた情報)、ライブ配信+見逃し配信による講義の受けやすさなどが多く挙げられていました。

                         フォーラムの内容について


管理栄養士・栄養士に求められるスキルは?

 管理栄養士・栄養士に求められるスキルについては、「栄養に関する最新の情報」「エビデンスに基づいた栄養指導」など“知識”に関わる内容、「行動変容を促す栄養指導スキル」「対象者に合わせて伝えるスキル」「他職種との連携」など“コミュニケーション”に関する内容が例年同様に多く見られる中で、「コロナ禍での管理栄養士の関わり方」「新型コロナウイルス感染予防」「免疫について」など、新型コロナウイルス感染症を踏まえた回答も目立っていました。


          「管理栄養士、栄養士が現場で必要としている知識やスキル」回答内容(一部)

 

第23回ダノン健康栄養フォーラム開催決定

 本年9月末に予定している第23回ダノン健康栄養フォーラムも、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、ライブ配信(事前登録制)のみで開催させていただくことになりました2。「コロナ禍における新たな栄養指導の実践(仮)」をテーマに、“withコロナ”時代の栄養指導について様々な角度からご講演いただきます。アンケートで寄せられた多くのご意見をもとに配信期間を約1週間に延長してお届けする予定ですので、ぜひご参加ください。

※1 「大変良かった」と「良かった」の合計
※2 感染状況等によって収録動画の配信となる可能性があります。

▽第23回ダノン健康栄養フォーラムの概要は、以下をご覧ください↓
  • ごはんだもん!げんきだもん!
  • ダノングループ・コーポレートサイト

ページトップへ戻る