◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   メールマガジン Nutrition News vol.190
                    2020年1月15日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
 メールマガジンNutrition News 2020年1月号を
 公益財団法人ダノン健康栄養財団(DIJF)からお届けいたします。

 ※このメールは配信を希望・承諾された方にお送りしています。
 ※MSゴシックなどの等幅フォントで最適にご覧いただけます。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
☆ INDEX ☆

1. DIJFからのお知らせ
(1) 理事長より新年のご挨拶
(2) 食育情報サイト「ごはんだもん!げんきだもん!」What’s new!

2. 第21回ダノン健康栄養フォーラムより
  パネルディスカッション「在宅ケアにどう取り組むか?」

3. トピックス
 「食品ロスの削減に向けて – 外食での食品ロスを減らそう」

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1. DIJFからのお知らせ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

(1) 理事長より新年のご挨拶

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。
 気候変動によるものと思われる大災害、IoTの発展がもたらす新しい社会システムの構築、ゲノム編集などを利用した新しいバイオ・医療の世界の変革、AI技術による人間の行動様式の変化など、地球規模の大変動を予感させた2019年が終わりました。上記の問題は、いずれも食・栄養・健康の問題と密接に関わっています。変わっていく世界の中で、食や栄養に関わる我々は何をすべきか、しっかり情報を集め、勉強して備えなければなりません。
 そのような中、ダノン健康栄養財団は、昨年も健全な「食と栄養」による小児の健康維持、健康長寿を目指し、①研究者に対しては「プロバイオティクスや小児・高齢者栄養」に重点をおいた学術助成、②健康・栄養分野の専門家に対しては健康栄養フォーラムとメールマガジンを通した栄養と健康に関する情報提供、③一般の方へは、財団のホームページを通した食育に関する情報提供、および講座を通した食育の実践を行ってまいりました。  
 学術研究助成、メールマガジン「Nutrition News」の発刊は予定通り行われました。研究者から多数の応募がある学術助成に関しては、選考委員会での厳正な評価により、一般研究助成と若手研究助成課題を選考いたしました。また一般の方に向けた食育情報は、財団のホームページを介して多数の皆さんにアクセス頂いています。幼児から大人の方まで幅広い年齢層に楽しく健康な食に関する知識を身につけてもらえるよう、小・中学校などの教育現場で行っている講座「食育セミナー」も、年々、開催依頼が増えています。ジュニアスポーツチームの選手および保護者を対象にした「スポーツ栄養講座」も大好評です。
 「公益社団法人日本栄養士会」との共催の「第21回ダノン健康栄養フォーラム」は、高齢化で必要度が増している在宅ケアにおける栄養士の取り組みの現状・課題に関するパネルディスカッションを含め、「健康長寿社会の実現と管理栄養士の役割」というテーマで昨年9月に開催しました。皆さんにとって関心の高いテーマであったと考えられ、参加者は620名。アンケートでの満足度も高く、大好評でした。また、視聴用サイトから動画をライブ配信することにより、140名の方に遠隔地からフォーラムを視聴して頂きました。
 ダノン健康栄養財団が目指す健全な「食と栄養」は、どのような時代になっても人類にとって最重要の目標の一つです。私達は、食による生活習慣病の発症の予防や新しい栄養・食品機能評価の確立とともに、小児・妊婦から成人・高齢者にわたる栄養の改善を通して「健康長寿」の実現を目指しております。本財団の活動を通して少しでも社会に貢献できればと願っています。  
 今後とも、一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(2) 食育情報サイト「ごはんだもん!げんきだもん!」What’s new!
今月のテーマは『三大栄養素シリーズ③脂質』です!

「スポーツ食育インタビュー」…競技選手だけでなく、BMXプロパフォーマーとしてもご活躍中のYUYA選手へのインタビュー後編。BMX競技の魅力や、試合前の食事など興味深いお話をご紹介します。

「スポーツ栄養講座」…「脂質控えめ」とか「無脂肪」というキャッチコピーを目にすることが多いように、脂質にはネガティブなイメージが付いてきます。『脂質は悪者?』をテーマに、脂質は本当に“目の敵”のようにしなくてはならない存在なのかについて考えてみましょう。

「食育出前授業Q&A」…食育講座の際に良く出る質問から、
今月は『乳製品をとりすぎてダメなことはありますか?』『朝食でパンと何をプラスすればバランスがとれますか?』等に管理栄養士“ゆきえ先生”が一問一答形式でわかりやすくお答えしています。


▽食育情報サイト「ごはんだもん!げんきだもん!」は↓
http://gohagen.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   2. 第21回ダノン健康栄養フォーラムより

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2019年914日(土)、第21回ダノン健康栄養フォーラムを『健康長寿社会の実現と管理栄養士の役割』というテーマのもと開催致しました。その中から今回は、田中弥生先生・前田佳予子先生・熊谷琴美先生によるパネルディスカッションの要旨(前半)をご紹介します。

「在宅ケアにどう取り組むか?」

関東学院大学 栄養学部 管理栄養学科 教授
田中 弥生 先生
武庫川女子大学 生活環境学部 食物栄養学科 教授
前田 佳予子 先生
医療法人正翔会 ながお在宅クリニック
熊谷 琴美 先生


 講演に引き続き、「在宅ケアにどう取り組むか?」をテーマとしたパネルディスカッションが行われました。司会の中村丁次先生、そして現場でご活躍の先生方による、在宅ケアの今とこれからについてのディスカッションに、会場も大変盛り上がりました。

 本フォーラムのアンケートにおいても「勉強になった」「先生方のお話しが心に響いた」「やる気が出た」など多くのご好評の声が寄せられたパネルディスカッションの内容を、2回に分けてお届けします。

▽パネルディスカッション要旨は↓


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3. トピックス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「食品ロスの削減に向けて – 外食での食品ロスを減らそう」


 今や、食品ロス(食べられるのに捨てられてしまう食品)は地球規模で考えるべき問題です。持続可能な開発目標(SDGs)では、「持続可能な生産消費形態を確保する」という目標の達成に向けたターゲットとして2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させることが挙げられています。また、我が国においても、令和元年10月に「食品ロスの削減の推進に関する法律」が施行されるなど、食品ロスの削減に向けて国をあげた取り組みが進められています。

▽続きは↓

https://www.danone-institute.or.jp/mailmagazines/backyear/8185.html


※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※~~※

 ●メールマガジンの記事内容へのお問い合わせ、ご質問、ご意見は
 ┗ support@danone-institute.or.jp

 ●メールマガジン配信の変更・停止は
 ┗ https://www.danone-institute.or.jp/mailmagazine/

 ●詳細ページが更新されていない場合は、Internet Explorer
  の更新アイコンをクリックしてください。

 【発行】公益財団法人ダノン健康栄養財団
  < https://www.danone-institute.or.jp/ >

※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※※~~※~~※~~※

  • ごはんだもん!げんきだもん!
  • ダノングループ・コーポレートサイト

ページトップへ戻る