メールマガジン「Nutrition News」 Vol.163
第19回ダノン健康栄養フォーラムより
成長期のスポーツ栄養
 神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部 栄養学科 教授
 鈴木 志保子 先生

 文部科学省の学校保健統計によると、昭和36年度(祖父母世代)の子どもは、昭和61年度(親世代)、平成28年度(子世代)の子どもに比べて体格が小さいことが分かります。また、祖父母世代では、親世代や子世代に比べて発育のピークが遅く、そのピークが明確であることが分かります。つまり、親世代、子世代では発育・発達のピークを迎えるのが早く、また、その個人差も大きくなったということです。
 
体格が良い方が有利なスポーツは数多くあります。一方で、このデータからは、今のまま育てるのでは、今後子どもの体格はあまり変わらないのではないかということも考えられます。

子どもの発育・発達を支援するソフトの開発

 順天堂大学女性スポーツ研究センターで、オリンピックや世界選手権に出た選手について解析したところ、高身長になった選手では、成長のスパート期に栄養状態が良く、身体活動量がほどほどで、睡眠の状態も良かったことが分かりました。また、育て方によっては予測される身長よりも23cm伸びるかもしれないというデータが得られました。これらの結果を社会に還元するため、「スラリちゃん、Height!」というソフトウェアを開発し、無料で配信しています。「スラリちゃん、Height!」に、身長や体重を入力していくと、成長のスパートの開始時期を教えてくれます。また、身長が伸びた時に正しい体重の伸びが見られない時には、中身が充実した状態で成長していないことを示すアラームが鳴り、子どもの発育・発達をしっかりと支援する仕組みになっています。
 「スラリちゃん、Height!」は女子用ですが、男子用に「ヘルスメイト」というソフトウェアが無料で配信されています。ダウンロードしていただいて、子ども達の望ましい発育・発達の確認にご利用いただければと思います。 

バランスの良い食事

 日本では、栄養についての教育が子どもの頃から行われており、多くの人がバランス良く食べなくてはいけないことを知っています。一方で、少しぐらいバランス良く食べなくてもあまり不都合を感じることがないのも事実です。では、なぜ毎食バランス良く食べなくてはいけないのでしょうか。その理由についてよく言われるのは「生きるために必要なエネルギーや栄養素を摂取するため」ですが、もう1つ、大切なことがあります。それは新陳代謝です。私たちの体は全て作り変えられています。しかし、いつどこで何を作り変えられるかを知ることはできません。だからこそ、いつどこで何を作り変えられても良いように、毎食バランス良く食べて、体を作りかえる材料を整えておくことが必要なのです。材料が足りずに90%分の作り変えしかできなかったとしてもパフォーマンスには大差ないため、私たちは「食べなくても平気」と錯覚しがちですが、欠食や偏食が習慣化すると、その積み重ねによって体の色々なところに支障が出てきます。子どもの場合には、これに加えて成長するためのエネルギーや栄養素も必要となります。毎食バランス良く食べないことは“一生の損”であると言えるでしょう。

 バランスの良い食事を考える時、どのような食品を食べるのか(食事構成、食材)だけでなく、どのように自分の適正量を食べるのかが重要となります。いくら栄養バランスの整った食事でも、自分の適正量以上であれば過剰栄養になり、自分の適正量以下であれば低栄養状態になるからです。運動量が多い時と少ない時で食べる量も調整する必要があり、スポーツ選手の場合その幅は特に広くなります。食事の適正量を伝える時に、私は、ベースとなるエネルギーに動いた分を加算して食事量を調整するよう伝えています。ベースとなるエネルギーは、基礎代謝基準値から自分の推定基礎代謝量(kcal/日)を算出し、その値に1.2を乗じて、推定安静時代謝量(kcal/日)を求めます。一方で、私たちはエネルギーや栄養素を必要量通りにとることはできません。身体活動、環境、心理面、消化・吸収などを考慮して、摂取と消費を完全に平衡状態にすることは不可能だからです。活動量と食べる量の出納(代謝の状況)は結果として評価するしかありません。エネルギーに関しては、毎朝、排尿後の体重を測定し、前日の出納の確認をすることが大切です。

補色、間食、おやつの違い

 私は選手を育てる時、補食、間食、おやつを明確に区別するようにしています。1日3回の食事ではとりきれないエネルギーや栄養素がある場合には、補食をとることでそれらを補うことが必要です。食べる物は菓子類ではなく、食事として認められる物にします。また、寝ている時以外で、食事と食事の間隔が6時間以上あくときには間食を有効に使うと良いでしょう。1日の総量は変えずに間食分をやりくりするので、例えば夕食の時間が遅くなる場合には「夕食の一部を間食としてとり、その分を夕食から減らす」というように考えます。この場合も、菓子類ではなく食事として認められるものを食べるようにします。また、菓子類などのおやつは“心の栄養剤”と考えます。避ける必要はありませんが、お腹がすいたからと菓子類からエネルギーをとり、それをプレーに使うのは間違っているでしょう。

 ジュニアアスリートの健全な育成のためには、栄養状態を良好に保つことが必要です。しかし、しっかり食べているというだけの認識で栄養状態を把握することは、やめていただきたいと思っています。1日3食の他に補食を食べていたとしても、栄養が不足していることがあるからです。栄養が不足すれば、低身長になったり、骨格が小さい状態になってしまったり、勉強がきちんとできなかったりなどのマイナス面を生み出すでしょう。「スラリちゃん、Height!」や「ヘルスメイト」などのツールも活用しながら、ジュニアアスリートが悔いなく発育・発達できるようにご協力いただければと思います。

  • スラリちゃん、Height!(順天堂大学女性スポーツ研究センター)

http://www.juntendo.ac.jp/athletes/surari/

  • ヘルスメイト(独立行政法人国立病院機構西別府病院)

http://www.nbnh.jp/download/

 

こちらの講演ダイジェストをご覧になりたい方は、こちらからご覧ください。

▽第19回ダノン健康栄養フォーラムの概要は、以下をご覧ください↓
 ┗ http://www.danone-institute.or.jp/forum/pastforum/4044.html
  • ごはんだもん!げんきだもん!
  • ダノングループ・コーポレートサイト

ページトップへ戻る